東洋きもの文化協会は着物文化普及のため着付け教室の開設支援をしています

東洋きもの文化協会ロゴマーク
トップページへ戻る
着付けの講師になって自分が始める教室
認定教室
着付けの認定教室とは 
自分で着物が着られるようになると「他人にも教えたいなぁ」と思う方も多いのでは?!
でもいざ教えるとなると、教材を揃えたり、教え方が分からなかったり・・・、自分の教室を開くのはとても大変・・・。
そこで自信を持って指導出来る様、『認定教室開設講座』が新たにスタート。
もちろん、開設後に発生する「問題」や「?」の手助けもしてもらえるので安心。
スキルを磨く為の講座も多数ご用意。
自分の教室と並行して受けて頂けるので自信にもつながります。
必ず必要になる「テキスト」や「教材」も会員価格にてご提供致します。
教室で使う着物や帯の支援もあります。(応相談)
着付け教室の認定資格とは
個人で教室をされている方、お友達に教える機会のある方は沢山いるはず。
生徒から「資格を取りたい」「資格取得を目的に習いたい」と言われて困った経験はありませんか。
そんな問題を解決して頂く為の『認定』なのです。
資格試験のサポートにより認定証を発行出来ます。
認定教室開設講座の特徴
個々のレベルに応じた着付け授業
■自分で教室を開設したいという方へ特化した短期講座です。
■個人の技能に応じて受講内容を決定。親切、丁寧に指導者としてのノウハウを習得できます。
■他の教室で学ばれた方も、垣根なく、どなたでも受講できます。

教室の開設をサポート
■認定後、自ら教室を開設できます。
■認定教室として、協会より様々なサポートを享受できます。
■認定教室対象の研修会、イベント等にも参加できます。
■教材のサポート
■認定教室の生徒の各種資格認定受験のサポート
認定取得までの流れ
自分の教室を開設するための講座。
開設への最短距離を目指します。
カウンセリングにて個々の技能に応じて認定に必要な科目を決定します。
認定に必要な科目の習得で単位を取得してください。
単位取得後、
認定証授与
自分で認定教室を開設できます。
認定講座の受講料
受講される方の知識や技術は個人差があります。
ですから、受講前に個々の技能に応じて必要なカリキュラムを組み、認定に必要な技術を身に付けていただけます。
無駄を省き短期間で認定を得るための特別カリキュラムです。

受講概要


1、指導方法
1、教室の運営方法と心構え
1、マナー・立居振舞
1、補整及び和装小物類について
1、自分着装
1、他人着装
1、帯結び(多種)
1、女袴の着装
1、男性の着付け
1、花嫁の着付け

※必須科目  2単位
※選択科目  8単位
※1単位の受講時間は概ね90分
※受講内容の詳細については、事前にカウンセリングを行い決定いたします。

受講料

 16万円(税別)※前納 / ※入会金・協会認定料・初年度協会費等含む

認定に必要な単位数

 10単位

東洋きもの文化協会に寄せられる質問
Q: 受講するには資格を持っていないとダメですか?
お持ちでない方には資格取得コースも用意しており、そこで学んで頂くことも可能です。
「師範1級」レベルを取得いただいてからのスタートをお奨めします。
また、既にお持ちの方には、講座の中で当協会の基準を満たして頂くよう指導させていただいております。

Q: 着付を教えた経験はありませんが、教室開設は出来るのでしょうか?
ご安心ください! 本講座には着付けの先生としての「指導方法」も含まれています。
不安な箇所など、繰り返し練習しますので、教え方も備わり自信を持っていただけます。

Q: 教室を開設するための費用は?
総額 16万円(※税別)です。
この費用には、入会金、協会認定料、受講料(10単位)、初年度協会費等を含んでいます。
又、教室開設に必要な教材につきましても、協会のサポートサービスをご利用いただけますので、安心してご相談ください。

Q: 10単位以上、習う事はできますか?
はい、可能です。
自らのスキルアップの為、規定単位以上の講座を学びたい場合は特別講座として選択していただけます。(オプション)
また、同じ講座を繰り返し学びたい場合も再度受講は可能ですので柔軟性を持って取り組んでいただけます。

Q: 現在OLをしながら教室を開設したいと考えていますが可能でしょうか?
曜日や時間を独自で設定できますので、無理のない範囲で両立していただけます。

Q: 着物を買わないとダメですか?
いいえ、呉服の販売は一切しておりませんのでご安心ください。
教室で使用する着物も支援させて頂いております。

東洋きもの文化協会では着付けの先生になりたい方を応援しています。
電話番号